Scabland
 
Takanobu Sawagaki
 
in englishin japanese
メニュー
Contact
Takanobu Sawagaki Ph D
::Contact::
Counter
Today
Yesterday
Total
From 2005/04/01

9.Channeled Scablandの成因に関する諸仮説の対応表

仮説 Classic Modern
Spokane Floods Missoula Floods Multiple Missoula Floods Multiple Souces Ice Age Floods
提唱者 Bretz Anonymous (Pardee) Waitt (Atwater, Smith) Shaw (Baker)
水源 保留
(氷床?)
Glacial Lake Missoula Glacial Lake Missoula Glacial Lake Missoula
& Cordilleran Ice Sheet
排出のメカニズム 突発的 氷河ダムの決壊 氷河ダムの決壊 氷河ダムの決壊
& 氷床底融解水の排出
回数 8 数回 40-100回 数回
水源域の特徴 発表当初は,気候変動に伴う急激な氷床の融解や氷底噴火に伴う jökulhlaupを水源として提案 巨大リップルマークなど,異常な湖水の排出現象を示唆する痕跡 Rhythmite(湖成層型)
砂層は氷河ダムの決壊に伴う湖水の排水時の堆積物

varv crayは静穏時の堆積物

砂層と下位varv crayは氷河前縁湖への氷底水供給時の堆積物

上位varv crayは静穏時の堆積物

↓対応↑ ↓対応しない↑
排水域の特徴 巨大扇状地
巨大リップルマーク
巨大礫州
Remnant loess hills
Rhythmite(Touchet型)
砂層は氷河ダムの決壊に伴う湖水の排水時の堆積物

varv crayはSlackwater〜減水時の堆積物

レスやセントヘレンズテフラは地表が出ていた時期を示す

単発の巨大洪水によって形成されたSlackwater中へ複数のパルス水流が間欠的に供給されて発生したタービダイトの堆積シーケンスを示す

テフラは水成?

備考 - - - Remnant loess hillsとDrumlinの形態的類似性やそれらの分布のCordillera氷床地域からの連続性を指摘
漸進主義への挑戦度ランキング ++++ +++ ++ +++++

Shaw他(1999)に対するAtwater他(2000)のコメントには,双方の議論の根拠をまとめた対応表(PDF)が掲載されており,最新の議論についてはこの表よりも詳しくまとめてあるので,そちらも参照されたい.

「表紙」へ


前
8.その他の情報
カテゴリートップ
Channeled Scabland
次
Links

Copyrights © 1995-2019 T.Sawagaki