Scabland
 
Takanobu Sawagaki
 
in englishin japanese
メニュー
Contact
Takanobu Sawagaki Ph D
::Contact::
Counter
Today
Yesterday
Total
From 2005/04/01

全行程図 -Grand Coulee 〜 Okanagan Lobe-

6日目

5021s.gif
Map

今日はChanneled Scablandを離れて,Cordillera氷床地域へ北上する.

まずは174号線を西に向い,17号線を南に折れてColderera氷床から延びてきたOcanagon Robeが作ったモレーンの丘をいくつか越える.

172号線を西に入り,Yeager Rockという名のついた迷子石をみる.石の大きさは昨日Rocky Road Creekで見たものと同じくらいだが,石の底部にはしっかりTillが残されていたので,迷子石であることが分かる(モレーンとYeager RockのAir Photo).

172号線が南に折れる手前に,庭先に同様の巨大な迷子石がある農家があった.
この辺りまでくると,カナダのロッキー山脈の一部が見えてくる.

172号線から2号線に出る.Moses CouleeのJameson Lake近くにあるモレーンを観察.水流によってMoses Couleeができた後に,氷河がこの谷を埋めていた時期があったことを示している.

2号線をたどってDry Fallsにもどって,Dry Fallsを上流から眺める.

再度Steam Boat Rockの脇で,洪水が収まる寸前に扇状地状に溜まった堆積物を見る.

5022s.gif
Map
Grand Couleeダムサイトのビジターセンターを見学.Grand Couleeダムは,かつてのCordillera氷床のへりにそって西に流れるColumbia川をせき止めているダムで,火星領土内最大のコンクリート建造物である.西というと,ダムから見ればDry Fallsを経てGrand Couleeへ下る方向になるが,実際にはColumbia川はGrand Couleeダムから一旦北上してからに西へ向きを変えていて,Grand Couleeの谷には水を供給していない.

我々が訪れたときは,ビジターセンターにはカバンやカメラケースなど,不審物を隠すことができる物は持ち込み禁止だった.ダムを支える基盤岩が出ているところで削痕とS-formを見ていたら,ダムの管理事務所から拡声器を使って,通常の見学ルートに戻るよう注意される.テロに対する警戒だろうが,非常に神経質になっているようだ.

  

Grand Couleeダムサイトから174号線を東に向かう.Wilburの手前で北に折れ21号線を北上し,Lincoln ferryという艀に乗ってダムを北へ渡る.

ダムのバックウォーターが消える手前のSanpoilで湖畔に降りて堆積物を観察.

  

ここでもRhythmiteが堆積している.かつてColumbia湖の北翼部に堆積したもので,その決壊の履歴を記録していると考えられる.Shaw教授は,Steamboat Rock湖畔のRhythmiteとともに,Okanaganローブの氷底水流に関わる堆積物として,現在この堆積物に最も注目している.

5023s.gif
Map
Danvilleの通関は失敗.Okanagan Valleyを通る97号線にまわってカナダに帰国.Kelowna泊.


前
Day 5
カテゴリートップ
Field Trip
次
St.Helens Ash(set-S)の産状写真

Copyrights © 1995-2019 T.Sawagaki